イベント情報

映画「ばあばは、だいじょうぶ」

明石市民会館大ホール 2020年11月11日(水)

映画「ばあばは、だいじょうぶ」
■料金

一般・しおさいクラブとも
【前売】900円(中学生以上同一)
【当日】1,300円(60歳以上・障がい者1,100円・小学生500円)
※全席自由。満員の場合は入場制限をすることがあります。

■時間

2回上映
①11:00上映(10:30開場)
②14:00上映(13:30開場)
※どちらの回も内容は同一です

■発売日

一般発売日:9月23日(水)
※発売日のみ窓口9時から、電話予約10時から

■チケット取り扱い

アワーズホール・明石市立市民会館 TEL:078-912-1234
明石市立西部市民会館  TEL:078-918-5678

■主催

【主催】兵庫県映画センター
【共催】アワーズホール・明石市立市民会館(指定管理者:共立・NTTファシリティーズ共同事業体)

■お問い合わせ

兵庫県映画センター TEL:078-331-6100
アワーズホール・明石市立市民会館 TEL:078-912-1234

公演内容

毎日生まれ変わったつもりで生きていけば…。
忘れる病気のばあばが教えてくれた 忘れられない物語。

ミラノが泣いた!最年少主演男優賞、大最優秀監督賞W受賞!

認知症になってしまった大好きな祖母の姿を、小学生の男の子の視点から描き、ベストセラーとなった楠章子の絵本「ばあばは、だいじょうぶ」を映画化。

両親とばあば(祖母)と4人で暮らす、気弱な小学生の翼は、どんなときでも励ましてくれるばあばが大好きだった。
しかし、ばあばが最近、何度も同じ質問を繰り返したり、得意だった編み物もできなくなったりした様子に、徐々に違和感を覚える。
さらには、急に怒り出したり、大切にしていた庭の植物を枯らしてしまったり、優しかったばあばがなんだか怖くなり、近づけなくなってしまう翼。
そんなある日、ばあばが靴も履かずに家を出て行ってしまう……。

祖母をドラマ「やすらぎの郷」などの冨士眞奈美、孫を『パパはわるものチャンピオン』などの寺田心が演じる。
監督は、『キセキの葉書』で鈴木紗理奈にスペイン・マドリード国際映画祭の主演女優賞をもたらしたジャッキー・ウー。

■出演:冨士眞奈美/寺田心/平泉成/松田陽子/内田裕也/土屋貴子 ほか
■監督:ジャッキー・ウー
■原作:楠章子
■脚本:仁瀬由深
(2018年/日本/上映時間98分)
©2018「ばあばは、だいじょうぶ」製作委員会

 



明石市民会館

明石市立市民会館

■住所

〒673-0883
明石市中崎1丁目3-1
TEL:078-912-1234
FAX:078-914-0970

■利用時間

開館時間:9時~22時
受付時間:9時~20時

■休館日

平日の月曜日
年末年始(12月29日~1月3日)


明石市立西部市民会館

■住所

〒674-0082
明石市魚住町中尾702-3
TEL:078-918-5678
FAX:078-946-2334

■利用時間

開館時間:9時~22時
受付時間:9時~20時

■休館日

平日の月曜日
年末年始(12月29日~1月3日)


モバイル明石市民会館等

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated
(アドビシステムズ社)の
Adobe(R) Reader(R)が必要です。