イベント情報

森と夜と世界の果てへの旅

明石市民会館中ホール 2017年10月9日(月)

森と夜と世界の果てへの旅
■料金

【前売】おとな1,500円/こども800円
【当日】おとな1,800円/こども1,300円

※“こども”は4歳以上小学生以下

■時間

開場 13:30
開演 14:00

■発売日

発売日:8月1日(火)
※発売日のみ窓口9時から、電話予約10時から

■チケット取り扱い

アワーズホール・明石市立市民会館  TEL:078-912-1234
明石市立西部市民会館   TEL:078-918-5678

■主催

【主催】森と夜と世界の果てへの旅 in あかし 実行委員会
 参加団体/NPO法人兵庫子ども支援団体、NPO法人明石親おやこ劇場、casaメーコッコ、いい顔・笑顔 人形劇の会、デフ・パペットシアター・ひとみ
【共催】アワーズホール・明石市立市民会館(指定管理者 共立・NTTファシリティーズ共同事業体)
【後援】兵庫県、明石市、明石市教育委員会、社会福祉法人 明石市社会福祉協議会、公益財団法人 明石文化芸術創生財団、神戸中央おやこ劇場、神戸須磨北おやこ劇場、神戸垂水おやこ劇場、NPO法人兵庫県子ども文化振興協会

■お問い合わせ

NPO法人兵庫子ども支援団体
TEL:050-5586-5448

公演内容

それは、遠くて、近い、誰かの、私の物語
人形×からだ×音×手話±コトバ
~アフリカ~この世×あの世=!?

 


結成30周年を迎えたデフ・パペットシアター・ひとみの最新作、
生と死と、人と精霊、この世とあの世、森と夜と世界の果てへの、不可思議なエネルギッシュ冒険人形劇。



あらすじ

小さい頃からぐうたらで酒を飲んでばかりいる放蕩息子・ジュジュマン。
ある日、とびきりうまいやし酒を造るヤシオーが死んでしまった。
ジュジュマンはヤシオーに会いにいくために、森と夜と奇々怪々な世界に足を踏み入れ、
困難に向き合いながらも歩き出す。
自分と出会い、未知なる道ゆく旅路の果ては、一体何処に辿り着くだろう?
生と死と、人と精霊、この世とあの世、森と夜と世界の果てへの、エネルギッシュな冒険劇!
 

スタッフ

原作:エイモス・チュツオーラ著「やし酒飲み」
脚本:小池博史(小池博史ブリッジプロジェクト)
演出:くすのき燕(人形芝居燕屋)
美術:太田拓美
音楽:やなせけいこ
舞台監督:牧野英玄
振付:斉藤美音子
照明:後藤義夫(有限会社 ステージ・アイ)

 


ナイジェリアの作家エイモス・チュツオーラ著「やし酒飲み」を原作に、
魔術的で自由奔放世界観の冒険人形劇を作り上げました。
人形・カラダ・生演奏・手話・音声・字幕・映像、それら全てを駆使した表現で人形劇の新しい表現の可能性を追求。
ろう者と聴者の感性を活かす、デフ・パペットシアター・ひとみ結成30周年にふさわしい作品です。



小池博史(小池博史ブリッジプロジェクト)が台本を、くすのき燕(人形芝居燕屋)が演出をそれぞれ担当。
小池氏の独特なセンスと縦横無尽な発想、くすのき氏のユーモアある視覚表現が、観客の皆さまを“森と夜と世界の果て”へと誘います。
それは主人公ジュジュマンの旅、今を生きる観客の皆さんの旅、最高の芸術表現を求めるデフ・パペットシアター・ひとみの旅でもあります。
 

さあ、多種多様な人形によるエネルギッシュな冒険旅行に是非お立ち会いあれ!


 



明石市民会館

明石市立市民会館

■住所

〒673-0883
明石市中崎1丁目3-1
TEL:078-912-1234
FAX:078-914-0970

■利用時間

開館時間:9時~22時
受付時間:9時~20時

■休館日

平日の月曜日
年末年始(12月29日~1月3日)


明石市立西部市民会館

■住所

〒674-0082
明石市魚住町中尾702-3
TEL:078-918-5678
FAX:078-946-2334

■利用時間

開館時間:9時~22時
受付時間:9時~20時

■休館日

平日の月曜日
年末年始(12月29日~1月3日)


モバイル明石市民会館等

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated
(アドビシステムズ社)の
Adobe(R) Reader(R)が必要です。