イベント情報

映画「八重子のハミング」

明石市民会館大ホール 2017年10月17日(火)

映画「八重子のハミング」
■料金

一般・しおさいクラブとも
【前売】800円(中学生以上同一)
【当日】1,200円(60歳以上・障がい者1,100円・小学生500円)
※全席自由。満員の場合は入場制限をすることがあります。

■時間

2回上映
①10:30上映(10:00開場)
②14:00上映(13:30開場)
※どちらの回も内容は同一です

■発売日

2017年8月12日(土)発売
※発売日のみ窓口9:00~/電話10:00~

■チケット取り扱い

アワーズホール・明石市立市民会館 TEL 078-912-1234
明石市立西部市民会館   TEL 078-918-5678
※共に受付時間:9:00~20:00(平日月曜休館)

■主催

【主催】兵庫県映画センター
【共催】アワーズホール・明石市立市民会館(指定管理者 共立・NTTファシリティーズ共同事業体)
【後援】明石市社会福祉協議会 兵庫県看護協会

■お問い合わせ

兵庫県映画センター TEL 078-331-6100
アワーズホール・明石市立市民会館 TEL 078-912-1234

公演内容

いつか来る夫婦の別れ。
ゆっくりと二人で歩む“ありがとう”の人生(みち)―

闘病中の夫が認知症の妻の世話をするという、老老介護の物語。
12年にも及ぶ介護生活を綴った手記の映画化。
高齢化が進む現代日本における最も切実な問題に佐々部清監督が挑む。

脚本・監督:佐々部 清
原作:陽 信孝(『八重子のハミング』小学館)
出演:升毅 高橋洋子 井上順 梅沢富美男 文音 中村優一 安倍萌生

2016年/日本/112分/ ©Team「八重子のハミング」

 

  妻は時間をかけてゆっくりと僕にお別れをしよるんやと。
    やったら僕も妻が記憶をなくしていくことを、しっかりと僕の思い出にしようかと・・・。


「やさしさの心って何?」と題された公演で、石崎誠吾は若年認知症を患った妻・八重子の介護を通して
自らが経験したこと、感じたことを語っていく。
教師時代に出会い結婚した頃のこと、八重子がよく口ずさむ歌のこと、
そして認知症を発病してからのこと、在りし日の八重子との思い出が蘇る―。
山口県萩市を舞台に描く、夫婦の純愛と家族の愛情に溢れた12年間の物語。

 



明石市民会館

明石市立市民会館

■住所

〒673-0883
明石市中崎1丁目3-1
TEL:078-912-1234
FAX:078-914-0970

■利用時間

開館時間:9時~22時
受付時間:9時~20時

■休館日

平日の月曜日
年末年始(12月29日~1月3日)


明石市立西部市民会館

■住所

〒674-0082
明石市魚住町中尾702-3
TEL:078-918-5678
FAX:078-946-2334

■利用時間

開館時間:9時~22時
受付時間:9時~20時

■休館日

平日の月曜日
年末年始(12月29日~1月3日)


モバイル明石市民会館等

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated
(アドビシステムズ社)の
Adobe(R) Reader(R)が必要です。